金融機関への申し込みを考えている方は、自分が申し込めるのかどうか確認しますよね。
消費者金融は20歳を超えている方で収入が安定していれば、アルバイト・パートでも申し込めるようになっています。その言葉に安心してすぐ申し込みする方と本当に大丈夫なのかと不安に感じる方と分かれるでしょう。心配性な方は安心感を得るために色々なサイトを見つけて情報を収集するでしょうが、具体的に掲載しているサイトは少ないです。注意すべき点については情報が多いのに、なぜ審査を確実に通れる条件を掲載しているサイトが見当たらないのか。それは、実際に消費者金融の審査を受けてみなければ分からないからなのです。断言することは極めて難しく、これはアルバイト・パートに限った話ではなくて正社員の方も同じです。抱えている条件が異なりますし、同じ条件だったとしても審査に通れる方と通れない方がいます。


消費者金融はアルバイトやパートでも大丈夫?

上記でアルバイトやパートでも申し込むことが出来ると話しました。
ただ、ここで気になるのは安定した収入という点です。一体どのくらいの金額を基準にしているのか、気になった方も居るはずです。実際基準としている金額はなく、あくまでも毎月きちんと決まった収入があるのかどうかという点が大事なのです。「年収が少ない」と消費者金融への申し込みを諦めてしまっている方も多い様子。そのような時は、各消費者金融の公式サイトにある借入診断を利用してみましょう。あっという間に自分が借入可能であるのか確認することが出来ます。もちろん、あくまでも目安なので必ずしも審査に通れることを保証したものではありません。診断を行い確認してから申し込むのが無難だと言えます。


どのような業者が望ましいのか

金融会社へ申し込むなら自分にとってメリットのある業者が望ましいです。
安心感を重視するのであれば大手消費者金融や知名度の高い業者へ申し込むのがおすすめです。例えば、アコムでしたら契約時にヒアリングを行いこちらの要望に耳を傾けてくれます。プロミスは消費者金融の中で最も低金利ですし、三井住友銀行提携のATM手数料0円という嬉しいサービスがあります。どちらも即日審査に対応していますし、最短30分で済ませてもらえるのであっという間です。ちなみに、アコムもプロミスもレディースローンを取り扱っていますので、女性にとっても心強い味方になってくれます。
収入の低さなどに自信を無くさず、色々自分の情報を確認してから一度申し込んでみてはいかがでしょうか?例え落ちてしまったとしても、一定期間空ければ再トライすることが可能なので、その間に改善してしまえば良いのです。


2月 24

何も消費者金融からの借入に限った話ではありませんが、お金を借りるための審査でどういった点が見られているか、また申込者が何故落ちたのかといった情報は基本的に明かされていません。しかし多くの人が申し込んでみた結果をシェアする事で現在ある程度までその基準は判明しています。


消費者金融の審査基準

消費者金融の申込で主に見られる項目というのは大きく3ジャンルに分ける事ができると言います。まずその人に「返済能力があるかどうか」そして「ちゃんとお金を返しそうな人か」さらに「もし返せなくなった時の保険があるか」この3つを軸にあなたがお金を貸す信用に足る人物かどうかが見られています。例えば利用者の年収や勤続年数、現在いくら既に借入れているか等は返済能力を見る上では確認されますし、申込フォームに嘘の記入が無いか、また過去に滞納の履歴等が無いかといった人間性も見られています。またあなたにいざとなったら頼る両親や家族がいるか、あなたに現金以外の資産があるかも重要です。


基準から導く傾向と対策

このような事から消費者金融に申し込む際にはいくつか気をつけるべき事があります。まず申込は誤字や脱字が無いように丁寧に行う事、これだけであなたは人間性において評価される可能性があります。またもし両親が健在なら一時的にでも一緒に住まわせてもらう事で消費者金融側を安心させる事もできます。


2月 24

消費者金融をはじめとし世の中には実はいくつか有事の際にお金を貸してくれる機関があります。例えば銀行の扱っているカードローンやキャッシングが該当しますし、信販会社のキャッシングクレジット等も貸金業にあたります。ただいずれにしても利用には審査が伴いこれに通過しなくては融資を受ける事ができません。では確実にお金を借りるためには何処が良いのでしょうか。


消費者金融の審査が一番高確率

数ある金融機関の中で最も審査の難易度が低いのは消費者金融だと言われています。また難易度が低いのみならず、消費者金融は申込からキャッシュカード発行までにかかる時間が短いのも特徴です。ある所ではインターネットからの申込とカード発行機を用いる事で最短即日発行即日融資も可能だと言います。


銀行の長短

一方銀行が扱っている商品は基本的に結果が出るのが遅く、またカードの発行にも時間がかかると言われています。しかしその反面利用限度額は高く、また金利に関しても消費者金融より低く設定されている事が多いようです。また貸金業法の一つである総量規制は収入の1/3を超える利用者の借入を制限する法律ですが、銀行はこの総量規制法の対象外機関であるのも特徴です。



消費者金融の審査は一般人ならほぼ通るといわれていますが、微妙に問題を抱えている人もいます。
そういった小さなことでも、今の消費者金融はたった30分で調べ上げてしまうので、出来る限りの対策をたてなければいけません。
では、どこらへんに気をつけて申し込みをすればよいのでしょうか。


申し込み内容は出来る限り正直に

消費者金融の審査の申し込み記入は基本的に嘘をつかないようにしましょう。
基本的に自己申告制をとっているので多少の嘘なら許容してくれますが、あまりにひどいと本人確認書類以外の書類を提出するように言われてしまいます。
お金を借りたい気持ちは伝わっても、消費者金融にとっては悪い印象になってしまうので記入には細心の注意をはらいましょう。
審査に一度落ちてしまうと6ヶ月間は多少不利なスタートになってしまうので、誤字脱字にも気をつけましょう。


消費者金融は借り入れ件数が多い人を嫌う

また、消費者金融は他の会社からの借り入れが多い人を嫌がります。
なぜなら、借金を借金で返そうとする多重債務の状態になっている利用者である可能性が高いからです。
そういった利用者は、債務整理の手続きをとるかもしれないというリスクが高まるため、信用がとても下がります。
多重債務をしてしまう前に、返済が厳しいと思った時点で債務整理をしてしまうのも1つの手段です。



お金がないと何も食べられませんしお金がないとどこにも行けませんし住む場所もありません。今月はこのくらい出費をしているのかと家計簿を見つつ溜息をつき、お店で可愛い洋服を見つけても見るだけで脇を通り過ぎるだけ。
このような我慢をずっと続けているといずれその不満が心に蓄積し、仕事もままならずそのまま実家で無職という定職につくことになります。

その悪循環を打破して健康な心と身体を取り戻すために審査を受け消費者金融で一時的にお金を借り入れし、心にゆとりを持たせる方法についてご紹介致します。


贅沢ではなく心のリフレッシュに

借り入れをして豪遊すれば良いという訳ではありません。審査に通り消費者金融でお金を借りることが出来てもありとあらゆる方面にお金を使ってしまっては借金を膨らまし、余計にお金がない生活を送ることになってしまいます。
まずは今まで我慢してきたことについて思いつくがまま書き出しましょう。家が欲しいステーキが食べたい旅行がしたい恋人が欲しいなど、とにかく欲望を紙に書き出します。そしてその書き出したものの中で優先順位をつけ、それぞれどのくらいのお金があれば手に入るのかを書いてください。そして消費者金融で借り入れをする際にどのくらい借り入れまでなら月々の返済に困らずにすむか計算し最終的な予算を導き出しましょう。
書き出した全てのことを叶えるとなるととてつもない金額がかかってしまいますが、一番やりたいことから順に予算内に収まるよう叶えれば数種類の夢は叶えることが可能になります。


あくまでも消費者金融の借り入れは少額で

消費者金融を利用する際に限度額いっぱいまでお金を借り入れしてしまうという方がとても多くいらっしゃいますが、その金額に合わせて利息がつくという借り入れ法の場合借入期間が長ければ長い程利息による借金が増えてしまうという状態になってしまうため、限度額いっぱいまでは借り入れをしないように気を付けましょう。
全ての夢を叶えたいなという欲求が出て来ると思いますが一番叶えたい夢が叶うということが目の前に広がるだけでその欲求はかき消されるためご安心ください。そして欲しいものややりたいことの予算を算出したらその予算ギリギリの金額を借り入れするようにしましょう。

毎日何故仕事をして稼いでいるのかというと自分が生きていくためであり、自分がやりたいことをやるためなのです。その自分がやりたいことを我慢してただ生きるためだけに仕事をしていると、一体自分は何故こんなことをしているのだろうかと考えてしまいます。本来の目的を見失いお金をただ稼ぐためだけの毎日に変化をつけるためにも自分が今一番やりたいことを実現させてみましょう。



年収は返済能力を図るものとして有効であることから、消費者金融の審査においても重視される項目です。年収の3分の1以上を貸し付けた貸金業者は法律によって罰せられる対象となったことから、消費者金融に限らず収入の確認には慎重です。しかし収入を証明する書類の提出を求めない範囲というものもあることから、大手の貸金業者は「他の貸金業者に契約がない申込者」に対しては、限度枠は大きめに設定するという形で柔軟性を持たせています。そのことによって囲い込みを行うという思惑もあります。出来る限り「初めての解約はうちで行いたい」ということがありますので、少々低い年収であっても門前払いにはしない傾向にあります。


<年収で審査に落ちる可能性が高いケース>

年収が一般的に見て低く、すでに他者との契約を持っている場合には、総量規制の範囲であっても審査には慎重になる大手の消費者金融が多く見られます。年収が小さければ3分の1が家計を圧迫する可能性が高く、また取引業者が自社1件であれば掌握できるものでも、他社が絡んでいると判断しにくくなるからです。また「なぜ既存の契約で増枠を行わないのか」ということも懸念されます。年収が一般的に見て少ない場合には、総量規制の範囲内であっても貸し付けを控えてくる可能性は高くなるのです。年収240万円以下はワーキングプアのボーダーラインと言われていましたが、法律が80万円まで貸し付けが行えるとしていても、その範囲まで貸し付けられることはまれです。



消費者金融では、審査を申し込むことのできる利用制限というものがあります。これは年齢や仕事の有無などを一定の条件で定めているものです。消費者金融では二十歳以上、自分の名義で収入を得ている人が利用対象者なので、この点をご紹介します。


消費者金融は二十歳から

クレジットカードの場合は18歳以上から利用できますが、カードローンなど消費者金融などで扱われている現金を融資するサービスの場合は、20歳以上となります。これは社会的な責任能力を問うことが法律上もできるという年齢です。お酒など自己責任でたしなむものが二十歳以上となっていることと同じですね。クレジットカードでもキャッシング枠の利用は、二十歳以上からとなっています。


自分で収入を得ている人が主な対象者

自分で仕事をして収入を安定して得ていることも、大きな条件です。アルバイトなどの非正規雇用でもいいのですが、自分の名義で収入がないことには利用できないので、専業主婦には利用が向いていないということになります。利用できないわけではありません。しかし、配偶者の同意書、収入証明書など提出する書類は非常に厄介になってしまうので、手間と時間のいらない融資という最大の魅力を活用できないという声が多いようです。



最大の売り物である消費者金融の迅速な審査と即日融資は、融資する側も貸したお金が返ってこないようであれば経営が成り立たないので、それなりに厳しい査定が行われています。各消費者金融に審査基準が設けられており、申請者本人に安定した年収が一定額以上あるか、他の金融機関の審査に落ちていないか、返済遅延や不履行などの経歴を有していないかなど最低限融資に必要な調査は行われるのが普通です。過去に融資を受けた人は、金融機関が加盟している情報収集機関に履歴が一定期間記録されるので、直ぐに調べることが出来ます。


<総量規制の対象である事に留意>

消費者金融の融資額は総量規制が適用されているので、融資を申請する場合はその範囲内即ち、年収の三分の一以下にする必要があります。特に、パートやアルバイトで収入を得ている人はこの規制範囲内で申請すると通り易くなるので、念頭に入れておくことが大事です。


<複数の金融機関への申請は不利>

一カ所の申請では心配になり、複数の消費者金融への融資審査申請を行うと、情報機関に履歴が残るのでその申請者に対し金融機関側がネガティヴなレッテルを貼り、審査に通らなくなる恐れがあります、申請は一金融機関に集中する事です。



消費者金融は主婦の方やアルバイト・学生の方でも利用できるという事をご存知でしょうか?
もちろん、利用するには条件がいくつかありますので誰でも利用できるというわけではありませんのでご注意を。
満20歳以上で安定した収入を得ている方でしたら、消費者金融を利用することができます。
ですので、現在消費者金融を利用しようかお悩みの方はご検討されて見て下さいね。
万が一の時の為に利用できるように準備しておくのも良いかと思いますよ。


消費者金融は怖いイメージがあるけれど?

消費者金融に対して怖いといったイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、正しく利用しているのでしたら何も怖いことはないので、安心して良いかと思いますよ。
借入をする際にご自分の返済能力を超える金額を借りないようにして、返済もしっかりされていれば問題ありません。
ただ、気を付けてほしいのが闇金融や利用しすぎてしまう事ですので、気を付けていただければと思います。


闇金融には気を付けましょう

気を付けたいのが闇金融についてだと思います。
あまりにもうますぎる話や条件の所は、真っ先に疑ってかかるべきだと思いますので、むやみに手を出さない方がよろしいかと思います。
闇金融なのか知りたい時は、その金融名を入れてネットで検索してみることをお勧めします。
最近では情報が色々ありますので、そういったものを参考にしてよく考えてから決めるのが良いかと思いますよ。
また、審査や金利などについても事前に調べておかれるのが良いかと思いますよ。



消費者金融を選ぶときに、何を確認していますか?特に初めて利用するとなれば、利息意外に基準に指定いいものなどわかりにくいものかと思います。そこで、消費者金融の審査を申し込む前に比較しておきたい特徴などをコラム形式でまとめてみました。


消費者金融は利息と特典で選ぼう

消費者金融を選ぶときに、まずは利息に注目すると思います。利息の数字は大きく変わることはないように思えますが、借りるお金に対してかかる数字なので、小さな違いで、後から大きな金額が変わってくることも考えられますね。やはり安ければ安いほど、お得に利用できると言えるでしょう。しかし、もう一つ注目したいのが、消費者金融が提供する無利息期間サービスなどの特典内容です。


会社で違うからしっかり比較しよう

こればかりは、会社ごとに個性があります。また行うサービスや特典内容も変わってきますので、しっかりと、少し時間をかけてでも比較したいところです。無利息期間サービスとは、一定の期間、利息がかからずに利用できるものです。通常、返済したお金は利息分をひいてから借入金額の返済に充てられますが、無利息期間では、すべてが借り入れ金額の返済になります。返済にかかる総額を比較するといいでしょう。



消費者金融を利用される際には必ず審査が必要になってきます。
では、一体どの項目が重要視されるのでしょうか・・・それは年齢や住所・勤務先や年収についてなのだそうです。
ですから、嘘偽りなく記入されるようにして下さいね。
他にも他社から借入をどのくらいしているのか、ブラックリストに載っていないかなど確認されますので、心当たりのある方は気を付けるようにして下さいね。


消費者金融は怖くない

消費者金融に対して怖いといったイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、そのようなことはありませんので安心して下さればと思います。
ただ、正しく利用しなければ返済できなくなってしまうと言った怖い面はありますが正しく利用をして返済をしていく分には何も怖いことはありませんので安心して良いかと思います。
少しずつ消費者金融に対するイメージを変えていってもらえたらいいですね。


カードは大切に保管するように

また、カードなどは大切に保管をして盗難や紛失などしないようにして下さいね。
拾われた方に使われてしまうなどそういったことが無いようにしっかり管理するようにしていただければと思います。
クレジットカードと同じで保管する際には充分注意を払うようにしてお財布などにしまっておかれることをお勧めします。
利用した際に出てくる領収書のようなものも大切に保管されるようにしてもらえればと思います。
処分する際にはシュレッダーにかけたりなどして個人情報をしっかり守るようにしましょう。



いくつか消費者金融がありますが、皆さんはどのようなイメージを持たれていますのでしょうか?
やはり、怖いといったイメージを持っている方がまだ多いのでは二課と思います。
ですがそんなことはありません、正しく利用すれば怖いことは何もありません。
消費者金融はいざという時非常に頼もしく心強い存在なのです。
手元に現金が無かった時やどうしてもお金が必要になってしまった時など、そういった場合にはとても助かる存在なんです。


消費者金融を利用すると怖い人が来る?

よくテレビのドラマでも見かけたりしますが、闇金融とか怪しいところでなければ大丈夫です。
ただ、何度も言いますが正しく利用をして返済もしっかりしていれば怖いことはないです。
闇金融などは確かに少々危険だと思いますので、まずはしっかり消費者金融と闇金融を見分けるところから入りましょう。
見分け方は登録番号を掲載しているかしていないか、というところを確認すれば良いのです。


登録番号を確認して確かめよう

消費者金融と闇金融を見分けるには登録番号を探すことから始まります。
きちんと許可を受けている業者は登録番号をもらえることになっていてそれを見せなければいけません。
ですが、その番号がどこにも見当たらなかった場合は闇金融である可能性はありますので充分注意していただけたらと思います。
また、闇金融でも偽物の番号を掲載しているときがあるようですのであまり聞きなれない場所やあまりにも条件がうますぎるところは危険だと判断した方がよいかもしれませんね。
そして、審査についても色々比べてみることをお勧めします。


Copyright © 2012 審査に通ってこその消費者金融. All Rights Reserved.