消費者金融の審査は一般人ならほぼ通るといわれていますが、微妙に問題を抱えている人もいます。
そういった小さなことでも、今の消費者金融はたった30分で調べ上げてしまうので、出来る限りの対策をたてなければいけません。
では、どこらへんに気をつけて申し込みをすればよいのでしょうか。


申し込み内容は出来る限り正直に

消費者金融の審査の申し込み記入は基本的に嘘をつかないようにしましょう。
基本的に自己申告制をとっているので多少の嘘なら許容してくれますが、あまりにひどいと本人確認書類以外の書類を提出するように言われてしまいます。
お金を借りたい気持ちは伝わっても、消費者金融にとっては悪い印象になってしまうので記入には細心の注意をはらいましょう。
審査に一度落ちてしまうと6ヶ月間は多少不利なスタートになってしまうので、誤字脱字にも気をつけましょう。


消費者金融は借り入れ件数が多い人を嫌う

また、消費者金融は他の会社からの借り入れが多い人を嫌がります。
なぜなら、借金を借金で返そうとする多重債務の状態になっている利用者である可能性が高いからです。
そういった利用者は、債務整理の手続きをとるかもしれないというリスクが高まるため、信用がとても下がります。
多重債務をしてしまう前に、返済が厳しいと思った時点で債務整理をしてしまうのも1つの手段です。

Categories: 消費者金融 審査


Comments are closed.

Copyright © 2012 審査に通ってこその消費者金融. All Rights Reserved.