消費者金融では、審査を申し込むことのできる利用制限というものがあります。これは年齢や仕事の有無などを一定の条件で定めているものです。消費者金融では二十歳以上、自分の名義で収入を得ている人が利用対象者なので、この点をご紹介します。


消費者金融は二十歳から

クレジットカードの場合は18歳以上から利用できますが、カードローンなど消費者金融などで扱われている現金を融資するサービスの場合は、20歳以上となります。これは社会的な責任能力を問うことが法律上もできるという年齢です。お酒など自己責任でたしなむものが二十歳以上となっていることと同じですね。クレジットカードでもキャッシング枠の利用は、二十歳以上からとなっています。


自分で収入を得ている人が主な対象者

自分で仕事をして収入を安定して得ていることも、大きな条件です。アルバイトなどの非正規雇用でもいいのですが、自分の名義で収入がないことには利用できないので、専業主婦には利用が向いていないということになります。利用できないわけではありません。しかし、配偶者の同意書、収入証明書など提出する書類は非常に厄介になってしまうので、手間と時間のいらない融資という最大の魅力を活用できないという声が多いようです。

Categories: 消費者金融 審査


Comments are closed.

Copyright © 2012 審査に通ってこその消費者金融. All Rights Reserved.