Archive for 5月, 2014


最大の売り物である消費者金融の迅速な審査と即日融資は、融資する側も貸したお金が返ってこないようであれば経営が成り立たないので、それなりに厳しい査定が行われています。各消費者金融に審査基準が設けられており、申請者本人に安定した年収が一定額以上あるか、他の金融機関の審査に落ちていないか、返済遅延や不履行などの経歴を有していないかなど最低限融資に必要な調査は行われるのが普通です。過去に融資を受けた人は、金融機関が加盟している情報収集機関に履歴が一定期間記録されるので、直ぐに調べることが出来ます。


<総量規制の対象である事に留意>

消費者金融の融資額は総量規制が適用されているので、融資を申請する場合はその範囲内即ち、年収の三分の一以下にする必要があります。特に、パートやアルバイトで収入を得ている人はこの規制範囲内で申請すると通り易くなるので、念頭に入れておくことが大事です。


<複数の金融機関への申請は不利>

一カ所の申請では心配になり、複数の消費者金融への融資審査申請を行うと、情報機関に履歴が残るのでその申請者に対し金融機関側がネガティヴなレッテルを貼り、審査に通らなくなる恐れがあります、申請は一金融機関に集中する事です。


Copyright © 2012 審査に通ってこその消費者金融. All Rights Reserved.